I'm pleasewait

競技エイミング・FPS/TPS ゲームに関することや取り留めの無い日記など

「ハイパーマウススケーター」は滑りが軽くなるものの、一部のマウスパッドでは感触が著しく変化するので注意

ハイパーマウススケーターは、フッ素樹脂製マウスソールの表面にエンボス加工を施し、点接触でマウスを支えることで滑りを軽くするという、珍しい形状のマウスソール。 ただし、一般的な形状のフッ素樹脂製マウスソールと比較して、マウス操作時の感触が変化…

競技エイミング Discord サーバーの紹介

けだるい昼下がり。午後に備えて眠気が覚めるのを待つ傍ら、いつものように Twitter をぼんやり眺めていると、なにやら動画が流れてきた。シューティングゲームをプレイしているらしい。目が回るような速さで的を駆逐し、左右に跳ね回るタラコのようなものを…

KovaaK's FPS Aim Trainer のシナリオを自分好みに調整する方法

KovaaK's FPS Aim Trainer では Steam のワークショップを経由して様々なエイム練習シナリオをプレイできる。また、シナリオをダウンロードして編集することも可能で、武器やキャラクターなど各種設定を好みや用途に応じて調整し、新たなシナリオとして公開…

エイム練習シナリオ「Through Hole Tracking」の紹介

先日、KovaaK's FPS Aim Trainer のシナリオ「Through Hole Tracking」を制作した。 Through Hole Tracking というシナリオを作った半透明の壁に空いた穴から射線を通すため、動きながら撃つ必要があるキャラと照準の協調動作を練習できる pic.twitter.com/R…

競技エイミングの動向を振り返る(2018年11月~2019年3月)

以前、競技エイミングを紹介する記事を書いた。 www.aim-pleasewait.com それ以降、競技エイミングはどうなったのか。この記事では、これまでの競技エイミングの動向を振り返ってみたい。あくまでも一個人が見聞きした範囲に基づく内容であるため、関連する…

Mionix Propus を試す

ハードマウスパッドを巡る旅、第一段として Mionix Propus を購入した。 mionix.jp これまで使っていたマウスパッド*1に不満があったわけではなかったものの、周囲の方々がいろいろと試行錯誤している様子をみて触発され、自分も使ったことのないマウスパッ…

自己紹介

競技エイミングプレイヤー pleasewait の連絡先・自己紹介を記載しています。

KovaaK's FPS Aim Trainer の環境設定

引用:KovaaK's FPS Aim Trainer on Steam KovaaK's FPS Aim Trainer とは、豊富な練習環境と活発なコミュニティが特徴な AIM ゲームである。この記事では、ゲームインストール後の各種環境設定について、プレイするまでに必要な項目に絞って触れていく。 st…

知られざる競技エイミングの世界

競技エイミング(Competitive Aiming)とは、ポインティングデバイスの正確かつ素早い操作を競い合う行為である。このブログで何度か使用してきた言葉であるが、これだけではいまいち想像しにくいかもしれない。百聞は一見に如かず、自分のプレイ動画をいく…

Aim Lab コンテスト挑戦記

先日、Aim Lab というゲームのアーリーアクセス購入が開放された。今年に入って様々な AIM 練習ゲームが登場している中で、Aim Lab は既存のゲームより値が張る。しかし、様々なゲームに対応したマウス感度の設定や練習内容のデータ解析など機能が充実してお…

無料の AIM 練習ゲーム「Aimtastic」が熱い

Aimtastic は 1 月 29 日に Steam でリリースされた AIM 練習ゲームである。無料ながら丁寧な作り込みで、レビューは高評価が多数を占めている。ダウンロード数も順調に伸びているという。 We have now broken 10k downloads, with 98% positive reviews. — …

モニターの PPI や腕の振り幅に基づくマウス感度設定

※ 2019/06/22 追記 TL;DR CPI を 1 単位で調整できるマウスを活用し、マウスとデスクトップポインターの物理的な移動距離を一致させる試みの紹介(操作が直感的になるかと思いきや、とても重たく感じて微妙な結果に) マウス感度(360° Distance)を腕の振り…

自分の2017年を振り返る

久々にブログを書くような気がする。折り悪くブログから遠ざかる日々が続き、かなり期間が空いてしまったのだった。今年はいろいろなことがあったなあと思いつつ、この一年を振り返ってみたい。 ネトゲしながら歩いて日本縦断 今年の正月は沖縄へ向かうフェ…

床屋に行く

髪が伸びて視界を脅かすようになると、生活に支障をきたす。しかし、髪を切りにいくのは億劫で、いつもぎりぎりまで放置してしまう。一時期は床屋まで出かけるのすら渋って、バリカンを購入して自分で髪を切っていた頃もあったものの、切り残しや産毛の処理…

バッティングセンター通い

野球をするのは苦手であった。あの小さい球にどうやってバットを当てているのか、なぜ他の人たちはそれを平然とこなせるのか、不思議で仕方がなかった。投手としても下手で、マウンドからストライクゾーンど真ん中に投げ込むことすらかなわず、大抵すっぽ抜…

別離を思う

自分でも何故かは分からないけれども、身近な人たちとの別離について考えていた。何か悪い夢でも見たのかもしれない。自分は末弟ゆえに、順当にいけば最後までこの世界に踏みとどまることになる。そして、順当にいけば自分には結婚相手も子供もいないであろ…

7月になった

7月というと、いよいよ夏という感じがする。夏の日差しに照らされて、青々とした緑が映え渡り、夏特有の解放感ある雰囲気を醸し出す。しかし、暑いのはあまり好きではない。寒さなら着込むことで対処できようが、暑さを対処しようとしても限界がある。すべて…

youに当たる言葉が欲しい

会話を続ける方法に関して書かれた本を読んでいる。そういう本に興味を抱き、手に取ってしまう時点である種の哀しみが漂っているような気がするが、知識を持っていれば後々何かの役に立つかもしれない。なりふり構っている場合ではない。苦手な分野である以…

FPSゲームがうまくなりたかった

PS版のスターウォーズバトルフロントが、FPSゲームとの出会いであった。自由に戦場を動き回れる没入感と、ブラスターを射撃する爽快感に病みつきになり、徐々にその世界にのめり込んでいった。やがて、PCでFPSゲームを遊ぶようになる。最初はゲーム用途では…

何者か

自分が居なくなっても世界の大勢には何の影響もあるまい。それは事実であり、謙遜でも卑下でもないのである。人はいつか死ぬ。なにも特別なことではない。自分の存在を欠いたとしても、世界は続いていく。連日のように届く訃報の中の一つとして消化されるだ…

お化け

こういう話をすると意外に思われるかもしれないが、自分はお化けが怖いのである。別に、霊感が強い方というわけではない。恐ろしいものが写真に入り込んだ経験もない。信じているかと言われると、あまり信じてはいない。しかし、怖いものは怖い。それはそう…

沈黙

自分は会話が上手い方ではない。当たり障りのない話題を一通りこなしてしまうと、すぐに話すことがなくなってしまう。やがてその場は静まり返る。何か話さなければならないという重圧が増していく。しかし、いくら思案しても打開策は見つからない。すでに済…

難しさ

難しさには2種類あると考えている。すなわち、100回やって1回成功するかどうか分からないような難しさと、1回やる分には簡単でも、100回連続で成功するかどうか分からないような難しさである。例えるなら、前者が体操競技の大技で、後者がゴミ箱への投擲とい…

思ったことを言う

褒められることに慣れていない。どのように反応していいのか分からなくなる。そんなことはないと謙遜すると、相手の好意を無下にしたような気がするし、素直に喜ぶと傲慢な気もする。ありがとうございますと感謝するだけでもそっけない。自分の振る舞いによ…

能力とアイデンティティ

自分よりうまい人なんていくらでもいる。仕事でも趣味でも。ありとあらゆる分野において。1位は1人しかいないのだから、構造的にそうなるというのは、頭の上では分かっている。それでも、他に代替や上位互換が居るという事実は、自分の存在意義を脅かす。 自…

人の名前を呼べない

自分の振る舞いを振り返ってみると、人の名前を呼ぶことがほとんどないということに気が付いた。あなたとかお前などの二人称すら滅多に使わない。話の内容や話しかけ方から、誰に対する発言なのかはだいたい分かるため、案外なんとかなってしまうものである…

暑い

梅雨に入ったらしく、これを書いている今も雨が降っている。それ自体はまだしも、部屋を包む蒸し暑さがつらくなってきた。パソコンからの排熱も相まって、部屋の温度が上がり続ける。まだ6月の中旬だというのに、部屋の暑さは真夏の様相を呈している気さえし…

秋葉原の絵画売り

それは以前、秋葉原を歩いていた雨の日のことである。ヘッドセットやマウスなど、ゲーミングデバイスを触るためにやってきたのだ。通販で済ませても良いのだが、実際に見て触ってから決めるとしっくりくる。もしかすると、まだ知らない優良なデバイスに出会…

研修生

この町の駅前はわりと栄えている方なのかもしれない。ショッピングセンターがあり、たいていのものはそこで買える。髪を切ったり、カラオケしたり、食事したり、屋上でのんびりしたりできる。不満があるとすれば、パソコン関連の品ぞろえがあまり良くないこ…

ゲームと共に

自分の人生はゲームと共にあったといっても過言ではない。偶然にも兄弟のお下がりを遊ぶ機会に恵まれて、それからはずっと、何かしらのゲームをやっていた。生き甲斐と言ってもいい。 自分のように会話が苦手な部類であっても友人ができたのは、ゲームに依る…